© 2019 Kamihikouki Magazine  

Representing Kansai, Japan : 大阪 Osaka, 京都 Kyoto, 神戸 Kobe

  • Facebook Clean
  • Instagram Clean
  • YouTube Clean
  • Twitter Clean

Created with Wix

  Japan has a strange relationship with tattoos. It isn't something one thinks about every day or even every week, but everyone living in Japan with tattoos has had those moments. Maybe it's at the beach; at a sento; or just on a warm day, arms bared. You feel someone looking. You feel a lot of people looking.

 

 Recently, Kamihikouki Magazine surveyed several people about their experiences living with and without tattoos in Japan. Their responses covered a wide range of feelings. Some don't care at all: “It doesn't affect my life” or, “It's just the way things are.” Others constantly feel it. Maybe they're generally uncomfortable in crowds, and the stigma of having tattoos just compounds that discomfort. Some people get angry about it: “What are you staring at?!” Most people fall somewhere in the middle. They can cover their tattoos easily. They can hide them from people at work, or from casua acquaintances. Maybe they associate exclusively with social groups where they don't ever need to hide them.

 

 Regardless of how you consciously feel, there's always that little background feeling. That little program your brain is always running when you're in a public place or when you pass an onsen which reminds you: you are different. You are not allowed in certain places. People are making assumptions about you. We all react differently to those stimuli - but that unrest is there, just under the surface. 

 日本でのタトゥーの位置づけって、なんだか変わってますよね。毎日見るものでもないし、それどころか、数週間見ないことだってあるのではないでしょうか。そんな日本で、タトゥーのある人は誰しもこんな経験はありませんか――例えば、ビーチや銭湯で。または暖かい日に、だれかがあなたのことを見ているような気がする。

 そこで、紙ひこうきマガジンは、何人かの方にそんな経験がないか聞いてみたところ、その反応はとても振り幅の大きなものでした。

 見られたってわたしにはなんの影響もな いし、そんなの気にならない、文句を言うな、という人もいれば、周りからの視線が気になる人もいます。社会的な立場や、日本における「タトゥー」の持つイメー ジもあいまっているのかもしれません。

「何見とんねん!」と怒りのこもった反応をする人ももちろんいるでしょう。けれど、たいていの人はこのちょうど中間地点にいて、タトゥーも簡単に隠せるところにあります。職場であってもそうじゃなくても、知り合い程度の付き合いならタトゥーがあることを隠すことは簡単。もしかしたらわたしたちが、タトゥーを 隠す必要があまりない人たちと一緒に過 ごすことが多い、というだけかもしれませんが。

 普段、表面上ではどのように感じてい たとしても、公共の場にいるとき、または温泉を通り過ぎるとき、バックグラウンドで密かに稼働しているプログラムのように、いつもどこかで感じているんで す。ぼくたちはどこか異質な存在である、ということを。タトゥーがあることで入れない場所があったり、先入観で判断されたり。こういったリアクション(外部 刺激)に対して、わたしたちの反応もそれぞれですが、わたしたちが感じる心の揺らぎ――不安――は、いつもそこにあり、表面下に隠されているのです。

 There are two ways to write “tattoo” in Japanese: 入れ墨 and 刺青. When the famous writer Junichiro Tanizaki released his first story “刺青 (Shisei)” in 1910, people started to pronounce it Irezumi. Tattoos have a long history in Japan. Well before the Nara and Edo periods, but also during those eras, tattoos were used to designate criminals (to describe this kind of tattoo, the kanji 入れ墨 is used). In 1872, tattooing as punishment was abolished and was illegal until 1948. Tattoos for fashion or religious reasons did exist way back, but the modern history surrounding them along with the fact that irezumi are closely associated with yakuza (gang membership) doesn't help the negative impression Japanese people have of them.

 

 

 日本語ではイレズミにはふた通りの表記があります。ひと「入れ墨」、もうひとつは「刺青」です。作家の谷崎潤一郎が1910年に処女作である「刺青(しせい)」を発表した頃を境にこちらの漢字表記もイレズミと読まれるようになりまた。日本でもイレズミは長い歴史を持っており、奈良時代と江戸時代には、イレズミは犯罪者を識別するために使われていました(こういったタイプのものを現在では「入れ墨」と表記していす)。しかし1872 年になると、刑罰としての入れ墨は禁止され、その後1948年までイレズミは非合法になったそうです。ファッションや信仰などを理由とするイレズミは大昔から存在していたものの、日本人のイレズミに対する 先入観は、こういった近代の習慣や、それが暴力団との関わりを示唆することがあるということに大きな原因があ るのかもしれません。

 We are featuring tattoos in this issue because Mike Dinsmore, a photographer from the United States, submitted several photos of people with tattoos to Unrest. His photos encouraged us to dig a little deeper on the topic. Here’ s what he has to say:

 

 

MD: I love swimming and I have a tattoo. Every time I go to a pool I have to cover it up with a ridiculous rash guard I have cut just the right way to cover my arms yet still lets me swim. The absurd part is that everyone knows I have a tattoo but rules are rules. People often tell me that it is my own fault for getting a tattoo but I like to explain that it is their fault to pre-judge me based on my tattoo. They often default to "It is a rule,” “It’s to protect children,” or simply, “It is Japanese culture”, but I like to explain that culture is not innate. It is learned and taught and passed down from generation to generation, but the impulse to regulate is not bad. A better way to deal with something that concerns you is to talk about what it means. It’s our responsibility as people of society to deal with the troubling aspects of the world in which we live. Rules are created to protect people from a threat. But if rules aren’t evaluated from time to time and changed to reflect the current values of society, then all they really are doing is absolving people of their own responsibility.

 

 今回、わたしたちがタトゥーについて調べ るきっかけとなったのは、アメリカ出身の 写真家マイク・ディンスモアが「不安」に 投稿してくれた数枚の写真でした。彼は次 のように語ってくれています。

マイク:ぼくはタトゥーがあるんだけれど、 泳ぐのが趣味。だからプールに行くときは いつもラッシュガードを着てタトゥーを隠 さなきゃいけない。そのラッシュガードは タトゥーが隠れるように自分で切ったんだ。 みんなぼくのからだにタトゥーがあるのは 知っているけれど、ルールはルールだから ――ばかばかしいよね。タトゥーをした自 分が悪いんだよってよく周りから言われる けれど、ぼくはそうは思わない。タトゥー だけでぼくのことを判断する方に問題があ るよ。彼らは「ルールだから」、「子どもに 変な影響を与えたくないから」とか、「それ が日本の文化」っていうのデフォルトになっ てるみたいだけど、そういった考えはもと もとそこにあったものっていうより、教え られ、世代から世代に引き継がれてきたも の。とはいえ、規制したいっていう衝動自 体は悪いものじゃないと思う。心配なこと があるのなら、「それが何を意味するか」っ てことについて話し合うことが大切じゃな いかな。ぼくたちには、ぼくたちが住む世 界にある問題に対して取り組む責任がある。 ルールだって、みんなを守るためにつくら れている訳だしね。でもそのルールが、現 代の価値観にきちんと沿うように見直され たり、変えられていないなら、ぼくたちは ただぼくたちの責任から逃げているだけな んじゃないかなって思うよ。

模様に飽きたらどうしようと心配に なって手が出せない。(針も痛そう)

Can't quite decide to get one because I'm worried I might get tired with the design. The process seems painful too.

Shoko Yamamura

わたしがタトゥーをしたのは、背中に あるあざが嫌で、そこをお気に入りの 場所にしたかったから。
I decided to have a tattoo on my back because there’s a birthmark and I hated it. I wanted to change how I felt about my body.

Anonymous (Japanese)

タトゥーをしているのはヤクザや不良。

People with tattoos are yakuza or delinquents.

Anonymous (Japanese)

Friends will often change their expression and attitude toward me toward one of disgust and fear. They often become really quiet. I have been asked too many times why I got tattoos, in an angry and unfriendly tone.

友だちは嫌悪感や恐れを露骨に表すこ とがよくあるよ。黙り込むことが多い ね。怒ったようなトーンで「なんで?」っ てうんざりするほど聞かれてきたよ。

Adrian Valentine

Honestly, the disapproval I've felt here is nothing worse than my own grandmother showed me.

ぼくの実のおばあちゃんとおなじくら い嫌な顔をされるよ。

Brendan Howells

ファッション感覚で入れる人も多いけ れど、故人への想いを身体に入れたり、 元気づけたり、願掛けだったり、内面 的な強い思いを込めている方もたくさ んいます。

A lot of people get a tattoo because it’s cool, but there are also a lot of people who decide to get one to remember the loved ones, to cheer themselves up, or like a good luck charm.

AZU body ART (Jagua tattoo artist)

 

全身じゃなければ、全然気にならない。

I’m comfortable with tattoos as long as they’re not all over someone's body.

Anonymous (Japanese)

 

I think people who disapprove of body art probably assume that I’m uneducated, trashy, or dangerous. I don’t take it personally either way. What other people think of my skin has nothing to do with me.

ボディーアートに反対する人は、私の ことを頭が悪そうとか、安っぽいとか、 近寄らないほうがいいって思うんで しょうね。どちらにせよ、わたしは気 にならないわ。わたしの皮膚のことを 他人がどう思おうと、わたしには関係 のないことだもの。

Peggy Holsclaw

 

My most visible tattoo, on my leg, is very Japanese styled, some people told me they enjoy seeing foreigners giving credit to Japanese art.

ぼくの一番目につくところにあるタ トゥーは足にあって、日本風のやつな んだけど、海外の人が日本の芸術をよ ろこんでくれてるのがうれしいって言われたよ。 

Ludovic Helme

 We talked to several people about what they think about tattoos. An interesting thing we noticed after talking to several Japanese people without tattoos was that they couldn’t quite explain what it is about tattoos that makes them so bad.

 

 An expat who has lived in Japan for quite some time commented: “A lot of Japanese people are against a lot of things, against fat people, old people, people with tattoos, people with beards - it's all basically the same thing, I think. If there’ s no honest representation of these kind of people in the media, people don’t see them as human. But I can’t blame them because that is what they see and are taught from childhood.”

 

 The unrest surrounding tattoos represent underlying and seemingly unchangeable ways that Japanese people live. It’s not only tattoos where unrest lies - It’s somehow paradoxical how those things which are only skin deep, those which mark “difference”, cause the deepest unrest.

 わたしたちは、タトゥーの有無、また国籍にかかわらず、他の人々にも意見を聞いてみました。おもしろいことに、タトゥーをしていない日本人のほとんどがネガティブなイメージを持っているものの、タトゥーがなぜ嫌な顔をされるのかはっきりとした理由を持っていないことでした。  

 在住経験の長い男性は、こう指摘します。「日本人はいろんなことが気に入らないみたいだね。太ってる人、お年寄り、タトゥーのある人、ヒゲのある人。みんな同じこと。メディアでこういう人がきちんと取り上げられられなければ、人として扱われない。でも、日本人を責めるつもりはないよ。そういうものを見て育ってきてるんだからね。」

 

 タトゥーについてのこういった議論や問題は、日本に見られる根本的な、そして根深い社会のあり方を象徴するものの ように思えます。矛盾するように思えますが、皮膚のほんの表面にあるものーー差異を示すものーーが、こんなにも深い不安を生じさせるのです。